本文へ移動

木村工務店のブログ

耐震改修のお話

2019-05-22
京田辺で注文住宅・リノベーション・リフォームなら木村工務店へ
貞森です。
 
つい先日の早朝京田辺でも地震がありましたね。
グラッと揺れただけで震度も1か2との事でした。
今日はそんな地震への備えのお話です。
 

木村工務店でも過去にも数件、耐震改修リフォームやリノベーションを行わせて頂いています。
最近お問い合わせやご相談が増えてきましたので、簡単にご説明をさせてもらいますね。
※ここでは主に木造住宅を対象としてお話させて頂きます。
 
 
 
■耐震改修とは
一般的に既存の住宅を地震に対して強い家にする事
■具体的には
筋交などの耐震壁の追加や基礎の補強、屋根を軽くする事など
 
 
 
そして京田辺市では古い耐震基準の時代に建てられた住宅の耐震改修に対して
補助金の制度があります。
 
■前提条件として
1981年5月末までに建築された家でそれを証明できる書類がある事
不適切な増改築が行われていない事
他にもありますが家の建てられた時期が重要です。
 
■本格改修の補助金は最大100万円
家の耐震性能の数値を指定の基準値以上にすることが補助金制度の条件ですので
家全体に筋交を配置、耐震金物を取付るのでほぼすべての部屋の内装を工事する必要があります。
屋根も瓦からカラーベストや金属などの軽い屋根に葺き替えが必要です。
 
■目的は
旧来の住宅を補強・リフォームして地震時に即座に崩れにくい家にする事です。
この解釈が重要です。
大きな地震にも耐える家になるわけではありません。自力避難が出来る様に即座の倒壊を防ぐのが目的です。
 
■改修費用は
耐震改修とそれに伴う付随工事を含めると約300万円~500万円ほどです。
今回は大きな概要だけですが、もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問合せ下さい。
 
 

京田辺で注文住宅・リノベーション・リフォームなら木村工務店へ
貞森でした。
_____________________________________________________
TOPへ戻る